HOME > お知らせ
対談《鈴木邦男のオンラインで語ろう》

今こそ憲法改正を語ろう

ゲスト・三浦瑠麗さん(国際政治学者)


憲法改正問題について、若い世代の意見を聴きたい。昔ながらの議論を繰り返していても仕方ない。かつて右翼の旗手として憲法の改正を目指していた鈴木邦男が、新しい世代の論客・三浦瑠麗の憲法論に耳を傾ける。




憲法9条2項

鈴木  憲法に関して、三浦さんの新しい論点はどういうことですか?


三浦  9条2項が主戦場であるというのは基本的な考え方ですが、そのとき9条2項を削除すると、自衛隊という存在が憲法違反ではなくなる。そういう成果を出すだけでは、既成事実となった自衛隊を事後承認するだけ。 私が申し上げてきたのは、「自衛隊を憲法に明記しないということを政治ゲームにすべきじゃない」ということ。 自衛隊と安倍政権は別なので、安倍政権に批判的だとしても、自衛隊の運命を政治的な理由で左右してはならない。

 では自衛隊を明記すればいいのかというとそうでもなくて、軍隊ではないと説明してきたものを軍隊にするわけですから、当然、各国で行われているシビリアン・コントロールとか、軍事法廷であるとかが必要になってくるわけです。 つまり国会のシビリアン・コントロールを強くするという条項を入れていくべきだと。行政府が専権でシビリアン・コントロールするだけではなくて、立法府にもその権能をもたせようということです。

 誰もかれもが9条の正面突破で、ほかは何も目に入っていない。けれども、もし軍隊を持つとすれば、持っているんですけど、さまざまな目配りが必要になります。三権分立に対する配慮とか、軍事法廷における裁き方に疑問が生じた場合、誰が介入できるのか。 これは極めて実務的な問題であると同時に、政治における自由と権利とか、あるいは少数者である軍人たちに対してわれわれ民主主義多数者が決めたことを押し付けていいのかとか、極めて倫理的な問題を含んでいるんです。

 でも、今は2項を削除しないで3項を付け足すという、本丸を目指さない総理はどうなのかという意見と、とはいっても公明党と連立しているんだからという意見が対立して、ほとんど進歩がないんですね。



鈴木  とにかく3項を入れて、もう少し風が吹いてくれば、さらに第2回、第3回と見直しをして、そのときに2項は取っちゃおうと、そういう二段階革命論なんじゃないんですか。


三浦  そういうふうには安倍さんはおっしゃいませんでしたけれども、ほかにそうおっしゃる方はいるんですよ。三浦さんの世代で2項を変えればいいじゃないか、と。



右翼は何を考えているのか

三浦  私がハト派として自らを位置づける最大の理由は、戦争に失敗した例をみていることです。私たちの世代で言うと、最大はイラク戦争ですね。その後のアフガニスタン戦争の不毛さもみている。簡単にできると思われた戦争は失敗するという事例をみたわけです。


鈴木  2003年の2月、イラク戦争が始まる1か月前にバグダッドに行ったんです。一水会の訪問団で、明治天皇の玄孫の竹田恒泰さんやロック・ミュージシャンのパンタも一緒でした。



三浦  一水会はそんなに外交に関心があるんですか。


鈴木  現代表の木村三浩がバース党の支持者で、それまでに20回以上イラクに行っていた。一水会の主張は、「対米自立」なんです。



三浦  じゃあ自主防衛論者ですね。この前、右翼的な方が、対米では現実路線だと自分のことを定義していた。右翼の中で、対米への態度で対立があるんですか。


鈴木  24条を変えようとしているんですよ。



三浦  家族問題、皇室問題で、特に彼らが譲れないのは、女性天皇・女系天皇的なもの。


鈴木  僕は、学生時代は「生長の家」をやっていたんです。日本会議の人たちは生長の家の出身者が多いんですが、昔、憲法改正問題は生長の家が主導権をとってやっていたんです。



三浦  その生長の家の人たちは、どの部分の憲法改正がやりたかったんですか。


鈴木  いろいろ迷っているんでしょうね。前文を変えればいいとか、9条と24条など何条か変えればいいとか。最近は特に24条で、日本の家族が危ないと……



三浦  どうしてそうなったのか、知りたいです。



憲法24条の〝家族〟という論点

鈴木  昔から日本は父親がいて、お母さんは二歩も三歩も下がって愛をもって見守っている。それで支えられてきたのが日本の美しい家族。 その家族が中心になって日本の国家が成立してきた。天皇は日本の父親だと。家が国の中心だという意識があるんじゃないですか。


三浦  鈴木さんは、〝家族〟にはあまり関心がないんですか?



鈴木  僕ですか? そりゃあ家族を大事にすることは必要でしょうけれど、ただ、それを法律で決めるというのが嫌ですね。自民党の改憲案だと、家族は愛し合わなくちゃいけない、と。 そうしたら離婚は憲法違反になっちゃう。そういうのは憲法、法律に馴染む問題じゃないと思いますね。


三浦  家族中心というなら、いま、たいして保険料も払わずに介護保険を受けとっている高齢者たちから介護保険を奪わなきゃいけなくなっちゃいますからね。



鈴木  日本は強くあるべきだ、というのがどこかにあるんですよ。それで韓国・中国になめられるなとか。同時に、女性がどんどん社会進出してきて、その変化に対する恐怖があるんじゃないですか。 日本は昔は父親がしっかりしていて家族が守られていたんだから、一人ひとりに選挙権があるのはおかしい、父親が一人代表すればいい。そうすると家族は守れるなんて言う人もいる。


三浦  それを突き詰めると、身分制、あるいは財産の多寡によって権利が違う時代に戻るんですよね。多額の納税者が人より票を多くもらえるとしたら、 ユニクロの柳井(正)さんとか、ホリエモン(堀江貴文)さんとか、楽天の三木谷(浩史)さんという人たちが国家の命運を決めることになってしまいますね。