アートメイクコラム

眉毛の位置を下げて若見えさせたい!どんな方法でキレイになれる?

顔全体の印象を左右するとパーツが眉毛ですが、形はもちろん眉毛の位置によってはバランスが悪く自分が思うような顔に見えないことがあります。

眉頭の位置が高いと大人っぽい印象を与えますが、人によっては「老けてみえる」ことから、位置を下げて若々しく見せたいこともあります。

眉毛の位置を下げるといっても「キレイな眉」でなくては意味がありませんし、下げ方がわからなくてはキレイな眉を描けません。ここでは眉毛の位置を下げるの方法、目頭から眉毛の距離をどれくらいにすれば美しい眉になるのかを紹介していきます。

目と眉毛の位置で顔の印象が変わる!どんな風に見えるの?

眉
眉毛は顔を見た時に一番目につきやすいポイントですが、特に眉頭は描き方を失敗してしまうとアンバランスで印象が悪くなってしまいます。他人から好印象を持たれるためにも、眉頭の書き方は非常に大切です。

自分ではしっかり描いているつもりでも、他人から見て「??」とみられてしまうようでは困ります。眉毛の微妙な位置で顔の印象がまったく違ってしまうので気をつけましょう。

眉頭の位置がバラバラだと印象が悪くなる

上手く描こうとするあまりに「眉の左右のバランス」を考えずに、眉頭の高さにバラツキがある眉になる方がいます。まずは、必ず同じ位置から描けるように整えること。眉頭の位置が斜めになっていると、それだけで印象が悪くなってしまいます。

眉頭が高いと印象が強烈になる

眉頭は最後に軽く書き足す程度で良いのですが、つい描きすぎてしまい「イモト眉」になってしまったり、劇画漫画の主人公のような鋭角的な眉毛になってしまいます。

女性の眉毛は眉頭が命、少し下がったくらいの方が優しくふんわりした印象を与えます。

眉と目の間隔が広いとのっぺりした顔に見えてしまう

眉毛は左右対称だと思っている方もいますが、人間の顔は左右非対称ですから必ずしも左右対称であるとは限りません。そして眉毛のと目の距離や位置が離れていると、ぼんやりした印象になり目ヂカラを感じられなくなります。

眉が薄い方も同様で、美しいカーブを描いた眉は若々しく元気に見えますが、整っていない薄い眉ではのっぺりした印象になり、顏を覚えてもらえないなどのデメリットもあります。

眉と目の間隔が広いとぼんやりした印象に見られる

もともと日本人は外人のようにホリも深くありませんし、凹凸感が少なく、目も小さいので眉毛との位置が広くなっています。悪くいえばのっぺりした印象ですが、エキゾチックで魅力を感じるものでもあります。

このぼんやりした印象を何とか変えたい・可愛く見せたい場合「目を大きく見せる」技がありますが、眉毛の位置が少し低くなれば全体的にシャープな印象を与えられます。

眉と目の間隔を狭くするために「眉を下げればいい」と感じますが、生えている眉を簡単に下げることはできません。そこで役立つのが「眉の形でバランスをとる」方法です。

眉をただ太く描いて間隔を狭くするのではなく、眉と目のバランスをしっかり見極めて眉頭美人になるのが重要です。自分の眉の形や目の大きさなどを理解し「活かすメイク」で若々しく美しい自分を手に入れましょう。

バランスの良い眉の高さと黄金比

眉には理想の形があります。自分の眉が好きではない方も、顔の形やパーツにマッチするように眉は生えていることをまず理解しましょう。

その上で眉は眉頭が一番太く、眉尻に向かって少しずつ細くなっていくのがベストのデザインであることを頭に入れます。これを基本にして自分の眉毛を整え、描いていけば顔のバランスが美しくなります。

眉山を高くしてアーチを描く

眉毛は眉頭からはじまり、眉尻まで美しいカーブを描くのが女性らしい眉です。眉の中で一番高いのは「眉山」で、眉頭から眉山にかけて高くなり眉山から眉尻にかけて自然に下げていくと美しく仕上ります。

眉頭は眉山よりも高くしないこと。眉頭が高いと「への字眉」といって困ったような顔の見えてしまいます。

眉山は中央から少し上げ気味にする

骨格が違いますので、正解はありませんが大体こんな眉にしたい!というデザインに合わせて眉山の位置を決めます。天海祐希さんのようなシャープでキリッとしたストレート眉にしたい場合には「黒目の外側真上から目尻の真上」。

石原さとみさんのようなふんわりしたやわらかい印象のアーチ眉にしたいのであれば「黒目の外側の真上前後」で眉山の距離を短くします。

眉山は長くなればなるほど「はっきりした印象」を与えますので、美人系の眉に。短くなれば、ふんわり愛らしい「愛され眉」になります。

眉尻は小鼻から目尻の延長線

眉尻は眉をひきしめる大切な部分ですので、野暮ったくならないように気をつけましょう。眉尻はキュッと細くすると横顔が大人っぽく美しく見えます。眉を描いたら、横顔もチェックしてバランスが崩れていないのか要チェックしてください。

眉頭美人は角度45度に!

フィニッシュの眉頭は、目頭にむけて45度の位置まで下げて描くと美しく見えます。ブラシで軽くぼかすように馴染ませるとナチュラルな眉頭美人の完成です。

眉頭を意識して顔の形に合わせた眉にする

眉を描く
眉は基本の整え方・書き方をマスターすれば誰でも眉美人になれますし、眉のコスメも色々ありますので利用するのも良いでしょう。顔の形によっては、眉を下げ過ぎてしまうとバランスが悪くなるので注意が必要です。

丸顔

丸顔の女性は優しくかわいい印象を与えるので眉も、ゆったりしたカーブのアーチ眉がおすすめです。目と眉の間が離れていると、より幼い印象を与えてしまいますのでカーブはなだらかで自然に描きましょう。

「こどもぽく見られる」のが嫌な場合には、眉頭から眉山までを自然な直線にし眉山から眉尻はやわらかくカーブするように描くと引きしまります。丸顔の方がストレート眉にするとアンバランスでちぐはぐした感じになりますので注意しましょう。

面長

古風で日本的な印象を与える面長ですが、パーツとのバランスによって眉のラインを変える必要があります。縦に長い顔の場合、眉を横に広げることで顔の長さをごまかせます。

あまり長く眉を描かずに、全体的に平行になるように書いていきます、眉山から眉尻の角度を自然にすると顔とのバランスもよく見えます。

逆三角形

顎がシャープな逆三角形さんは、眉に角度をつけすぎたり下げてしまうときつく感じますので注意しましょう。基本はアーチ眉ですが、カーブはなだらかに平行眉に近い感じにすること。角度をつけずに自然な感じに描くとやわらかく可愛い印象になります。

ベース型

エラが張っていると男性的な印象を与えてしまうので、眉はやわらかなアーチ眉にしたいところですが「顏を小さく見せる」ためにできるだけ眉は横に長く描くのがポイント。生え際と眉の間が短いと、小顔に見えてスッキリします。

顔の形によって似合う眉は違いますが、基本は眉頭が下がったようにするのがポイント。眉頭の基本の位置は、「鼻筋から自然につながる場所」です。ここを繋げることで、目鼻立ちがハッキリしますので忘れないように気をつけましょう。

眉毛位置を下げるメイクのポイント

眉を描く女性
眉毛を描くときに注意したいのは「目とのバランス」です。眉毛だけを主張させてしまうと違和感がありますし、目だけが目立つメイクをしてもバランスが悪くなってしまいます。

女性らしく美しい印象を与えるには、目元の全体のバランスを考えること。目の大きさによって眉の太さを変えれば、自然に眉の位置が下がってみえます。

大きな目にはやや太眉がおすすめ!

パッチリとした大きな目の方、目を大きく見せたいとアイラインやつけまつげでバッチリメイクをされている方は、ある程度の太さをキープした眉をおすすめします。目が大きな方が眉を細くしてしまうと、目が強調されて不自然に見えてしまいますので注意してください。

眉頭から眉中部分を「目の縦幅2/3程度」にするとバランスが良い眉になります。あまり太く描いてしまうと、流行遅れになってしまいますので自分の眉幅はしっかり覚えておきましょう。

切れ長さんはやや細めでシャープな印象を!

日本人的な切れ長の目には太い眉は似合いません。「目の縦幅1/2程度の細さ」にすれば、立体感も生まれて美しい印象を与えます。「私は目が細いのがコンプレックス」という方は、眉頭を少し太くして眉中から眉尻を細めにすると全体的なバランスが取れます。

目が小さいけど大きく見せたい

大きくもないし切れ長でもない、もう少し目がパッチしていたら…そんな方が眉毛を下げて目との位置を近づけたいのであれば、アイブロウメイクで眉毛の位置を自然に近づけましょう。

ペンシルを使うときつくなって見えることや「描いている感じ」が強く不自然に見えてしまいます。目と眉毛の間側の自眉を少し太めに描けば眉毛が下がったようになり距離が近づきます。少しアーチ形の眉毛にするとあか抜けで女性らしい印象を与えますのでお試しください。

上手くいかないならアートメイクがおすすめ

メイク道具
眉を下げて目の印象をはっきりさせたい方も多いのですが、眉の太さは目とのバランスが大切なので無理に太く描いて眉を下げてしまうとアンバランスな顔に見えてしまいます。

眉の太さは、目の縦の幅の半分〜2/3程度を目安にするのがベストですが「自分では上手く揃えられないし描けない」方もいるでしょう。そんな時にはアートメイクで、自分の顔のバランスにあった眉をプロにデザインしてもらいましょう。

アートメイクなら顔に合わせた自然な仕上がり

自分の目と眉のバランスを考えながら毎朝メイクをするのは大変です。元々メイクが得意な方や、アイメイクには時間をかけている方はさほど苦にはなりませんが「時間がかかりすぎる」「面倒くさい」「上手く描けない」ことでイライラしてしまう方もいるでしょう。

アートメイクは、カウンセリングでその人にマッチした眉をデザインしてくれます。自分の顔のバランスの悩みなども、しっかり聞いた上でデザインしてくれますので安心です。

一度アートメイクすれば、定期的なメンテナンスをすることで自分が理想とする眉になれます。洗顔やメイクオフにも流れず、スポーツにも強く「眉が落ちたらどうしよう」などの心配はありません。

すっぴんな自分にも自信が持てるようになるので、眉を気にして鏡の前でため息をつくこともなくなります。

アートメイクは医療行為!

日本ではアートメイクは「医療行為」として認められており、医師免許を持たない人間がアートメイクすることを禁じています。ですがアートメイクの人気が高くなるにつれて、医師免許を持たずにアートメイクするサロンや美容院が増えています。

医師免許がなくても「医師の管理の元」でならOKという通達はありますが、これはあくまでもクリニックでのことで看護師もスクールに通ってアートメイクの技術を習得していますので安心です。

きちんとした技術を習得している・口コミ評価が高く満足度が高いクリニックを選べば、自分の眉も安心して任せられます。

自然なアートメイクなら銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニック
料金 初診料 3,000円
眉料金 100,000円
【表参道院・銀座院・品川院】3D眉 2回 120,000円
【表参道院・銀座院・品川院】3D眉尻のみ 2回 80,000円
施術方式 手彫り・マシン彫り
アクセス 東京メトロ銀座線・日比谷線「銀座駅A2出口」徒歩2分
アートメイクと言えば「銀座よしえクリニック」と言われるほどに確かな技術、年間約1,200名が施術を受けています。丁寧なカウンセリングで、眉の悩みからなりたい眉のデザインまでを一緒に考えてくれます。

おすすめポイント

  • フォロー料金がリーズナブル
  • 4D技術同等の最新3Dアートメイク
  • 施術当日でもナチュラル

アートメイクは定期的なメンテナンス(フォロー)が必要です。フォローすることで、いつでも自眉のような美しい眉を手に入れます。

銀座よしえクリニックはフォロー料金がリーズナブルな上に、まるで4Dアートメイクのような自然な仕上がりが自慢。施術当日でも自眉のように美しく誰もが満足します。

クチコミ

細目で「目つきが悪い」と言われるのがコンプレックス。整形も考えましたが、銀座よしえクリニックのカウンセリングで「眉を下に下げるようにアートメイクすると素敵ですよ」とデザインしたものを見せていただき決めました。これでだめなら目の整形も検討しましたが、眉でここまで顔が変わる?というぐらい私には劇的でした。周囲からも「整形?何?」なんて聞かれるくらいで、明るくなったねと高評価です。

眉と目が離れていうので、ぼんやりした印象というか「やる気がなさそう」に見られてしまうのが嫌でメイクも一生懸命に勉強しました。若い時は誤魔化せても30代になると、自然なメイクの方が自分に合っていると思いアートメイクにチャレンジしました。初回から自然で自眉みたいなんです。口コミ評価がいいのも納得できました。

もともと眉は薄いのですが、加齢とともに眉も薄くなっていくようで話題のアートメイクに挑戦しました。若い人ばかりと思っていましたが、意外に中年層もたくさんで安心できました。カウンセリングが非常に丁寧で、こちらの要望をしっかり加味しながらデザインを考えていただけました。仕上がりも自眉さながら満足しています。

銀座よしえクリニック口コミ総評

カウンセリングから施術まで、顧客の意見をしっかり聞いて反映させてくれていることに満足度が高いクリニックです、また施術当日は色も濃く、落ち着かないと感じる方が多いなかで「自眉のように自然で驚いた」と答えている方がほとんどでした。

アートメイクは色が落ち着くまで外出しにくいものですが、銀座よしえクリニックの施術は非常に評判も良く「初日から自眉のようでびっくりしました」との声が多い高度のテクニックです。

まとめ

眉毛の位置を下げる場合、自分の眉と目のバランスを考えながら「顔の形」に合わせてデザインを考えると上手くいきます。眉と目のバランスや位置をできるだけ黄金比に近づけて眉を描くようにしてみましょう。

眉毛は顔全体の印象を決める重要なパーツですから、トレンドなども意識しながらこだわっておきたいもの。眉毛の位置や形を黄金比に近づけるとあか抜けますが、自分で毎朝メイクするのは大変ですし面倒なものです。

そんな時には信頼と実績のあるクリニックでアートメイクしてみましょう。毎朝のメイク時間が短縮するだけでなく、若々しく美しい眉が手に入れられますので、眉と目のバランスで悩んでいるならお試しください。